スロージューサーを徹底して選ぶなら

プラスチック製は避けたいが金属製は高額

野菜や果物には、健康に繋がる栄養が豊富でビタミンも多いので、積極的に摂取したいところです。でも、食べるのも手間、となると、ジュースで飲むのが手っ取り早い。

でも、市販されているような搾ってから時間が経ったジュースは、成分の劣化が進んでいたり、加熱したり、または、保存料の追加で体に良いとは言い切れません。

なので、今、野菜や果物を搾ってすぐ飲むという事が当たり前になっているおかげでジューサーも普及し、色々な種類のものが増えています。

私も細かく砕くタイプのブレンダーは、今までに何度も購入した事がありますが、今では、より高性能になりスロージューサーというじっくりすり潰して野菜などの水分を出すものが人気となっていますよね。

水分のカスを別々の容器に分けてくれるアレです。

その理由は、おいしい事も一つですが、酵素を壊す事も少なく健康に良いからだと思います。それなら、このスロージューサーが良さそうだなと思って色々なメーカーのものを調べてみてすぐ思ったのが「どれもプラスチック製じゃん…」という事です。

プラスチックの何がイケないのかと言えば、多少なりとも削れてしまう可能性がある事です。使用していても気づかない程度の摩耗かもしれませんが、体にとって何のメリットも無いプラスチックを多少なりとも口に入れている可能性は消えません。

いつのまにか、”プラスチック=衛生的”という印象があり、世界中、様々な食品に色々な形で使用されているものですが、毎日使用する事になり、力も加わる事で破損する可能性も考えられるスロージューサーのパーツがほぼ全てプラスチックで作られているというのもどうなのでしょうか。

そう思って、金属のジューサーを探してみたら、あまり無く、あったとしても業務用か高額商品しかありませんでした。

その価格なんと、18万円以上という高額商品です。

なので、プラスチック問題を避けて金属のジューサーを選ぶというように、徹底するとその分金額は、2倍3倍では収まりません。

また、実際に使っている動画を見てみたら、高額なのに手間の改善はされていないので、結局使い方にコツが多少なりとも必要となるようです。

となると、そこまでして高額のスロージューサーを選ぶ必要も無いのかなと思わなくありません。

健康ブームと時間短縮を兼ねて、各メーカーから様々な商品が作られていますが、その多くが結局需要に応えるだけで、本当に健康まで考えて作られているものは、あまり多くないと思ったので、実際に購入する場合は、その辺もしっかり考えて購入すべきなのかなと改めて思いました。