食べ過ぎと栄養の摂りすぎは良くない?

「健康の為に毎日しっかり栄養を!」は間違いかもしれない

私がまだ高校生くらいの頃までは栄養についてもわからないことが多く、テレビやインターネットで栄養に関する情報を鵜呑みにしていた事もありました。でも、自分で色々と調べるようになってからその考えも少しずつ変わってきた気がします。

特に、最近はファスティングについて少しずつ知るようになってから、栄養を摂り過ぎるのも注意しなくてはいけないなと思うようになりました。

それは、消化酵素が大きく関係していますが、酵素の必要性やファスティングについて理解していれば、この辺は、基礎的な知識として持っていると思います。

人間は自分の体で生産することもできない栄養成分を食べ物から得ることで補うことができます。また、生産することができても、その量がごくわずかな場合も同じように、食べ物から補うことで足りない分をカバーすることができます。

そうやって栄養を補うことで健康状態を維持したり、アンチエイジングなど若さを保つ上でも必要だったりしますが、この時に、栄養を摂ることばかりに意識が向いてしまい、毎日のように無理な食事を繰り返すと返って健康的でなくなってしまう場合も有るようです。

それが、酵素の無駄遣い。

人間の体は、物を消化するのを第一優先として酵素が使われるらしいので、沢山食べるということはそれだけ消化酵素を無駄遣いしてしまうようです。

これが繰り返されてしまうと、せっかく沢山食べて栄養を取り入れても、その栄養を円滑に活用する為の代謝酵素の働きを悪くしてしまう事態になることがあるようです。

特に、添加物の多い食事などを繰り返していると、それらの解毒にも消化酵素が無駄遣いされてしまうらしく、体内の酵素量が減少してしまいます。

なので、そうならない為には食べる量を抑える必要があります。

「でも、食事量を抑えたらその分摂取出来る栄養も少なくなってしまう・・・」

このようなジレンマに遭遇してしまいかねませんが、これも、ファスティングなどの考えを取り入れていくとそこまで栄養を摂り過ぎなくても十分健康でいられ、むしろ、代謝酵素の働きが活発になることで沢山栄養を摂っていた頃よりも健康で若々しくいられるような気もするようになってきました。

また、効率的に酵素を摂り入れることが重要となりますが、その為の酵素ドリンク。消化に消費される酵素の量も少なく、それでいて、様々な食品由来の酵素を一度に取り得ることが出来るとなれば、それが一番、理に適っていると考えることができます。